2008年01月28日

第28回技選

2008gisen.JPG

大会より帰ってまいりました。
サポートの割りには役立たずで見守るしかできませんでしたが、
ほぼ女子班だけでしたが、すごくいい大会を見させてもらいました。

当クラブの朋子デモは予選2位、決勝で3位という結果でした。
当人はこれを思わしくない結果だと思うでしょうし、
デモとして不本意だと言うのだと思います。
確かにこれは技術選だし、順位をつけ競い合う場なので、
出場するからには誰もが上位を目指すわけで、
1位でもない限りは多かれ少なかれ、
誰もが悔しい思いをすることになるんだと思います。

でも、ずっと傍で見させて頂いて、
これは十分に胸を張っていい成績だと思います!
本人として不足はあれど、去年より成長した結果。
その努力と根性に拍手を贈りたいと思います。
そして、来週は北関東大会に出場されるので、
更なる健闘をお祈りしたいと思います。

http://www.snowmyhometown-ibaraki.org/gisen2008.html
リザルドで熱戦の様子を少しでも伺って頂けたらと思います。
滑り終えた後の選手達の爽快な顔はとても楽しそうで、
なんだか自分も出場してみたい気分になりました。

それから、遅れましたが当クラブから参加の川崎さんは、
前回の102位という成績から100位以内を目指しておられたそうですが、
残念ながら139位という結果でした。
来年は板を替えて100位以内を目指すとのことです!

ところで最近の技術選は高齢化が進んでいると思われますたらーっ(汗)
昔は技術選といえば若い選手層でバリバリ(?)なイメージですが、
30代後半〜50代を中心に、10代と最高齢70代まで・・・
いろいろな人の滑りを見ながら、自分の技術チェックのためにも、
今年参加されなかった皆さん!ぜひ来年は参加してみてくださいね。


当クラブのデモは大変よくやっていると思います。仕事を抱えて残業しつつ、家事をこなし家庭を守って、遠方の親の面倒まで見て、その上でスキーをやってデモを務めるなんて・・・。しかも旦那様が正指受験生のためそのサポート役、その上で幸か不幸か来週はメオトキタカン出場です。

夫婦で北関東大会に出場する人なんているんですかね?

更に今年はデモ選も控え、ちょっとスケジュールを聞いただけでも、
眩暈がするような慌しさで、体がいくつあっても足りな・・・い・・・
現在、クラブ行事に出席できない状況であろうと思われますが、
皆さま何卒ご了承ください。


ところで、リザルドには記録として数字が残っていますが、
実際のところ、あの熱戦を記録するには足りないですよね。
技術を大会という枠で切り取られ点をつけて比べられてしまうと、
悲しいことに、それだけの価値になってしまうというか・・・
出場する皆さん全員が日頃の滑りを発揮できるといいんですけど、
なかなか魔物が棲んでいるようです。
うーん、怖いです。
posted by 管理人 at 10:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 管理人より
この記事へのコメント
技術選って、管理人さんのいうとおり、高齢化してますよね・・でも、「技術」がちゃんと評価される世界なので、熟練の社会人にもチャンスがあるともいえるのかも・・・

それにしても、女性は結婚や出産でスキー界から遠ざかってしまう人が多いのが悲しいです!
みんな、かむばーっく!
Posted by ぴんぐ〜 at 2008年01月28日 23:15
やっぱりそうですよね〜。
練習熱心な熟練の社会人の方!
ぜひ参加してみてくださいね♪
Posted by 管理人 at 2008年02月03日 10:13
北関のスキーとスノボの結果を、
県連HPに掲載しました。
ご覧ください。

>夫婦で北関東大会に出場する人なんているんですかね?

技選ならあると思いますよ。
親子もあるわけですし...。

夫婦の場合、
所属クラブを変えて望む場合があるようです。

また、県を変えての出場もあるようです。
そうすると北関で夫婦で出場になります。

Posted by よっすぃー at 2008年02月06日 21:13
北関東大会には、栃木や群馬、埼玉にも夫婦で出場する強豪選手がいらっしゃったようですよん。

でも、その方々はご夫婦で滑られるときには『ファミリースキー』となるのでしょうか・・・
Posted by ぺんぺん at 2008年02月06日 23:26
>よっすぃーさん
速報ありがとうございます。
夫婦北関他にもあるんですね〜
親子っていうのも凄いです・・・(汗)

>ぺんぺんさん
コメントありがとうございます。
他にも夫婦出場がいるんですね〜
日本も広い!目指すのはメオト全日本?
常に猛練習になっちゃいそうで怖いです。
Posted by 管理人 at 2008年02月08日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10134237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック